女性ホルモンと婦人系の病気

女性ホルモンは多くなれば、女性らしくなります。
美しくなためには、女性ホルモンが大事になります。
エストロゲンとか生成できる身体にならなくてはいけません。
大豆等にはいっているイソフラボンが、女性ホルモンになると言われて、沢山とっておられる人もいるかも知れませんが、女性ホルモンになる人とならない人がいるそうなのです。
体質的な問題らしいのですが、イソフラボンをとって女性ホルモンに変化させる事が出来ない身体と出来る身体があるそうです。
元々女性ホルモンが多い私には関係の無い話なのですが、でも逆に女性ホルモンが多いなら多いで問題もあります。
娘を産んでもう17年経つのですが、未だ母乳が出ています。
大量に出るわけでは無いのですが、少量出るのです。
後は子宮の病気にかかりやすいです。
子宮内膜症、卵巣嚢腫をやっています。
辛かったです。子宮内膜症は半年間のホルモン治療で体重12キロ増量しました。
卵巣嚢腫は手術をしたので、手術痕が残っています。
エストロゲンがあればいいけれどあったらあったでこう言った病気になるのは勘弁です。管理人のお世話になってるサイト⇒https://peraichi.com/landing_pages/view/exlegslimer3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です